北海道における生活排水処理の現状と今後

■平成30年度 浄化槽施工・維持管理技術者講習会
  当協会で開催した講習会の講演資料を掲載します。

  北海道の生活排水処理の現状について、社会的背景の変化や市町村の財政状況等
 の詳細データを基に資料作成されています。
  大変貴重な資料のため、公益財団法人日本環境整備教育センターの了承を得て、
 公開します。
  
 《浄化槽施工・維持管理技術者講習会》
  日時: 2019年3月8日(金) 10:00〜12:00
  場所: 札幌コンベンションセンター
  講義テーマ: 汚水処理インフラ施設としての浄化槽
      講師 公益財団法人日本環境整備教育センター
          理事 国安 克彦 様
  講義資料
    北海道における生活排水処理の現状と今後(PDF 6.73MB)  〔短縮版 全218ページ〕

   
  ※講習会テキストは、資料枚数の都合上、短縮版で作成しました。
    全体版(全356ページ)を、ご参考まで、下記に掲載します。

   北海道における生活排水処理の現状と今後(全体版)
    目次  (PDF 73KB)
    §1 社会的背景の変化                 p. 1 〜 p.186 (PDF 8.40MB)
    §2 生活排水処理施設の整備状況と今後の展開  
    §3 下水道事業が市町村財政に及ぼす影響   p.187 〜 p.356 (PDF 3.84MB)   
    §4 市町村の財政状況                
     

  戻る場合は、ブラウザーの戻るボタンを押してください。